沖縄ダイアリー
沖縄で遊ぶ、観光、暮らす人のための情報サイト

沖縄本島二泊三日旅行(デート)プラン

公開日2017/08/30更新日2017/08/30
written by みっちー
目次

初めて来る沖縄本島での彼女との旅行。
どういったプランを考えたらいいだろう?

悩まれる方多いと思います。
僕も悩みました(笑)。

これがベスト!というわけではないと思いますが、
僕が初めて沖縄本島の中部から北部を彼女とまわった二泊三日プランを記載します。
時期は4月なので海は入っておりません。
観光メインのプランとなっております。

スケジュール考えるのが面倒な方は、僕と同じスケジュールでまわってみるのもありかも!?
※反省点も記してあるのでそこは参考にしてうまく回避してください(笑)

参考にして頂ければと!

二泊三日沖縄旅行(本島編)全体スケジュール

【一日目】

10:00 那覇出発(レンタカー)

13:00 古宇利島(古宇利オーシャンタワーでランチ)

14:00 古宇利島(ハートロック~トケイ浜)

16:00 ホテルマハイナ チェックイン

18:00 夕食

20:00 温泉

21:30 ラウンジ&バー「カラハイ」

【二日目】

08:00 朝食

10:30 チェックアウト

11:00 美ら海水族館

12:00 美ら海水族館(ランチ)

13:00 海洋博公園

16:00 残波岬

17:00 読谷村 体験王国むら咲むら

19:00 ホテル日航アリビラ チェックイン

19:30 夕食

21:00 夜の散歩...。(想定外)

【三日目】

08:00 朝食

10:30 チェックアウト

11:30 アメリカンビレッジ

12:30 アメリカンビレッジ(ランチ)

13:30 アメリカンビレッジ(買い物タイム)

16:30 レンタカー返却

一日目

那覇出発(レンタカー)

美栄橋のオリックスレンタカーでレンタカーを借ります。
ちなみにレンタカーは確実にネットで前日予約していくことをおすすめします。
当日レンタルだと値段が倍くらい違います。
借りる時期にもよりますが、前もって予約しておけば一日レンタルでも3,000円前後です。僕は3日間で9,000円で借りられました。

古宇利島(古宇利オーシャンタワーでランチ)

古宇利島に着きます。那覇から大体2時間前後で着くかと思われます。
古宇利島へ向かって海の上を渡る古宇利大橋からの景色はとてもきれいです。
古宇利島は“恋の島”としても知られています。
まさに恋人同士で旅行に来るなら訪れておきたい島ですね。

橋を渡るとすぐ古宇利オーシャンタワーがあります。
駐車場に車を止めて登っていきます。
乗り物に乗って上に登っていくのでらくちんです。

登ったところでレストランがあるのでランチにします。
テラス席があってテラス席からの眺めを楽しみながら食事を楽しみます。
ランチメニューはけっこう価格が高い。

テラス席から眺めた古宇利大橋。

古宇利島(ハートロック~トケイ浜)

ランチを終え、オーシャンタワーを降りたら再び車に乗り、古宇利島を周ります。

まずは有名なハートロックへ!
オーシャンタワーから車で10分くらいで着きます。

嵐のCM現場もあります。

ちなみに女性はヒールだと危ないです。
有料駐車場のお店のおばちゃんがとてもいい人で、僕の彼女はサンダルを貸してもらえました。

ハートロックです!
恋人同士、ハートロックをバックに記念写真を撮るのもいいでしょう!
もちろん僕らも撮りました♪(それは載せないけどね(笑))

ハートロックの後は、そこからすぐそばのトケイ浜に向かいます。

トケイ浜は穴場ビーチだそうですが、4月はまだ寒いから海で泳ぐのはちょっと厳しい。

古宇利島を車で一周してホテルに向かいます。

ホテルマハイナ チェックイン

ホテルマハイナに着きました!
古宇利島から40分くらいです。

施設名:ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ 住所:〒905-0205 沖縄県国頭郡本部町山川1456 電話番号:0120-081-715 http://www.mahaina.co.jp/

プールもあります。

僕はプールで泳ぎたかったのですが、彼女が水着を忘れたため入れませんでした。

一応ホテルやホテルのすぐそばのお店で水着は売ってます。
女性用だと一番安いものでも6,000円前後でした。
ちょっとプールに入るためにわざわざ買うのもなぁと思い、買いませんでした。

部屋からの眺めです。

ホテルマハイナ 夕食

写真撮り忘れました。。
ビュッフェスタイルの夕食でした。
お酒もセルフサービスで自分で作ります。

ホテルマハイナ 温泉

こちらも写真撮れませんでした。
大きな岩風呂が一つです。
一日の疲れをゆっくりおとせました!

ホテルマハイナ ラウンジ&バー「カラハイ」

温泉から部屋に戻り少しゆっくり。

部屋からの夜の眺めもきれいです。

ロビーのすぐそばのラウンジ&バー「カラハイ」でゆっくりとまたお酒を楽しみました。

一日目まとめ

振り返ってみてよいプランだったなと思いました!
ホテルマハイナもいいホテルでした。
プールに入れなかった点以外は後悔無しです。

二日目

ホテルマハイナ 朝食

夕食と同じビュッフェスタイルの朝食でした。

ホテルマハイナ チェックアウト

朝食を食べたらチェックアウトして美ら海水族館に向かいます。

美ら海水族館

美ら海水族館に着きます。
朝一なのでそんなにまだ混んでなかったです。

有名なジンベエザメ。

水族館での写真はたくさんありすぎるので他は割愛します。
ぜひ自分の目で実際観に行くことをおすすめします。

美ら海水族館 ランチ

ジンベエザメの水槽のすぐ横にあるカフェ「オーシャンブルー」で休憩かねてランチ。
予約して待てば大水槽の真横の席に座れます。
ご飯は軽食といった感じです。
ちなみに僕らは行きませんでしたが水族館の4階にランチビュッフェのレストランもあるそうです。

海洋博公園

ランチを終えたら水族館の外に出ます。
水族館の外にはウミガメ館やマナティー館があったり、イルカのショーが観たりもできます。

残波岬

海洋博公園を軽く周った後、残波岬に向かいました。
車で一時間半くらいかかります。

知り合いから残波岬からの眺めは凄いと聞いていましたが本当に絶景でした!

読谷村 体験王国むら咲むら

読谷村の体験王国むら咲むらに向かいます。

色々な体験ができるとのことでしたが、あまり時間もなかったので、島ぞうり彫り体験だけやってきました!

島ぞうりにステッカーを貼りそれになぞって彫っていくのですが、これがまためちゃくちゃ難しい。。
プロが彫ったのとは全然出来が違うものとなりましたw
僕の彼女は意外とうまく彫ってました。

ホテル日航アリビラ チェックイン

ようやくホテルにチェックイン。
予定ではもっと早く着く予定が、19時近い到着となってしまいました。。

あまりきれいに画像が撮れなかったのと、疲れていたので画像自体全然撮れなかったのが残念ですが

このホテルはめちゃくちゃよかったです!

施設名:ホテル日航アリビラ 住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間600 電話番号:098-982-9111 https://www.alivila.co.jp/

ここのホテルにもプールがついていて、一日目のマハイナと違い日航アリビラは水着のレンタルもしているとのことでしたが、着いた時間も遅くまたもやプールには入れず。。残念。。

ニライビーチまでホテルから直接行けるという。
環境も最高です。夏にぜひ来たいホテルですね。

ホテル内も高級感があふれており、ちょっと値段は高いですが、ここに彼女を連れてきたら喜ばれること間違いなし!
男性側は無理してでも彼女と日航アリビラに一泊する価値はあると思います。

ホテル日航アリビラ 夕食

着いた時間も遅かったので、すぐに夕食です。

夕食はホテル内のレストラン
ブラッスリー「ベルデマール」でフレンチでした。

ワイン一杯飲むにしてもやたら値段が高かったですが、このホテルに来たらもう値段のことを考えるのは止めましょう。

料理も大変美味しかったです。
料理と共に彼女とワインを4杯ずつ飲みました。

ホテル日航アリビラ 夜の散歩...。(想定外)

夕食を終えて部屋に戻ると事件です。

丸一日予定を詰め込んでいたのと、昨日からの疲れとワインが重なり、彼女が眠いと言い寝てしまいました。

この状態、絶対起きないパターンです。

本当はホテル内にすごくオシャレなBarラウンジなどもあったので、行きたかったのですが行けずに終わってしまいました。。

彼女が寝てる際中、僕は一人で夜のホテルのプールサイドや海辺を一人とぼとぼ散歩してました。

結局一人ではやることが無いので僕も次の日に備え、この日は早く就寝しました。

彼女は深夜の3時頃に一度目を覚ましましたが、その時間からではお店も閉まっているので再度朝まで眠りにつきました。

二日目まとめ

この日のスケジュールには後悔が色々あります。
朝一番から予定を詰め込みすぎました。

日航ホテルアリビラ。
このホテルはものすごくよいホテルです。

彼女とホテル内を探索しても楽しめると思います。
高級リゾートホテルなのでそれだけで気分は上がります。

外に出てプールサイドや海辺のほうを歩いてみたり、
レストランも幾つもあるので「夕飯はどこのレストランだろうね」などと話しながらまわるのも楽しいかと思います。

ホテル自体も観光の一つとして楽しめるレベルのホテルです。
そのため、日航ホテルアリビラに宿泊する場合は15時などちょい早めにチェックインすることをお勧めします。

残波岬と体験王国むら咲むらも観光地としては悪くなかったのですが、この日に行くべきではなかった。。

今もしスケジュールを組み直せるのであれば、美ら海水族館の後はホテルに直行し、アリビラに15時チェックイン。
ホテルで水着をレンタルしてプールに入り、夕食の後はBarラウンジでお酒を飲んで、その後夜中の海辺を仲良く散歩。
そんなふうに過ごせたらよかったなと思ってます。

男性に忠告です。
カップルで旅行に行く場合はあまり観光地巡りで一日の予定をパンパンに組みすぎると彼女が疲れきってしまうということもありえそうです。
沖縄なので、観光もいいですが、ゆったりとリゾートホテルの雰囲気を楽しみながら過ごすのもいいかもしれません。

三日目

ホテル日航アリビラ 朝食

前日は早く就寝したので早起き。
洋食バイキングか沖縄テイストの和食を選べる朝食。
洋食バイキングを選んだのだが普通にホテルのバイキングといった感じ。
選べるメニューに珍しいものはない感じ。
せっかくの沖縄なので和食にすればよかったと少し後悔。

ホテル日航アリビラ チェックアウト

朝食を食べたらホテルの周りや海辺を少しお散歩。
そしてチェックアウト。

アメリカンビレッジ

ホテルを出たらアメリカンビレッジに。

アメリカンな雰囲気のエリア。
外人さんもたくさん歩いてる気がする。
観覧車もある。(乗らなかったけど)

アメリカンビレッジ(ランチ)

ぶらぶらと一通りまわった後にランチ。
といっても朝のバイキングでたくさん食べたから軽食。
彼女はビールとチキン。
自分は運転があるからビールではなくルートビアを初めて飲んでみる。
ルートビアとはアルコールを含まない炭酸飲料の一種。
アメリカではポピュラーなドリンクらしいが自分はあんまり好みじゃないな。

アメリカンビレッジ(買い物タイム)

ランチを終えた後はまた買い物タイム。
「ちんすこう」など沖縄名物のお土産系も、3つまとめて買うと500円とか1,000円とか安くなってる。
安いからここでお土産はまとめて買うと彼女は大量に買い込んでいた。
(後に那覇に戻って国際通りを歩くと国際通りのほうがもっと安かったというw)
アメリカンビレッジは買い物が好きでないとあまり時間潰せないかも。

レンタカー返却

アメリカンビレッジで買い物を終えた後は那覇に戻る。
16:30くらいにはレンタカーを返却。
沖縄のレンタカー屋は19:00などに閉まるところが多い。
19:00過ぎたら翌日返却になってしまうため、少し余裕をもって早めに戻った。
その後、那覇の国際通りをぶらぶらとした。

三日目まとめ

三日目は那覇に戻ることがメインだったので特にこんなもんかなという感じ。

こんな感じで僕は初めての沖縄本島の中部から北部の観光地を二泊三日コースでまわってみました。ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

特集

特集